舌の汚れから発がん性物質”アセトアルデヒド”が発生していることが判明

二日酔いの原因として知られているアセトアルデヒドは、飲酒によって体内に取り入れられたアルコールが肝臓で分解される際に発生する、非常に毒性の強い物質です。

また、アセトアルデヒドはタバコの煙の中に含まれており、ニコチンと相乗作用することによりタバコの中毒性を増強させている物質でもあります。

これまでの研究で、このアセトアルデヒドは高濃度で摂取した場合、発がん性が指摘されていましたが、たとえ低濃度であっても、持続的に摂取し続けることは有害であると考えられていました。

舌苔の面積が大きいほどアセトアルデヒド濃度が高い

今回、岡山大学などの研究チームにより、舌の上に白い苔のように付着している”舌苔(ぜったい)”と呼ばれる汚れの面積が大きい人ほど、呼気中に含まれるアセトアルデヒド濃度が高いことが判明したのです。

つまり、たとえ飲酒や喫煙習慣がなくとも、舌の上の汚れである舌苔の面積が大きいと、日常的に高い濃度の発がん性物質に暴露している可能性が示されわけです。

舌の清掃でがん予防の可能性

これまで飲酒や喫煙が主たる発生原因とされてきたアセトアルデヒドが、今回の研究成果により、舌の上の汚れからも発生していることが判明したわけですが、これを逆に考えれば、舌を日頃から綺麗に清掃しておくことは、口臭予防だけでなく、がんの予防にも繋がる可能性が示されたとも言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ