多くの鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェンに新たな副作用!感情の幅を狭める効果

アセトアミノフェンは軽い発熱や寒気などを抑える解熱剤として、また頭痛や歯痛、関節痛、筋肉痛、神経痛などの様々な痛みを抑える鎮痛剤として、古くから用いられている薬物の主要な成分の一つです。

アセトアミノフェンは標準的な使用では非常に安全な薬物なのですが、いまだ明確な作用機序は解明されておらず、また上記のように薬効が広いため、臨床現場で頻繁に用いられ、服用量が過剰となるケースが少なくありません。

アセトアミノフェンに新たな副作用の報告

最近ではアセトアミノフェンを含む複数製剤の併用を避けるべきとの注意喚起が相次いでいる状況なのですが、そんな中、アセトアミノフェンに関する新たな副作用の報告がありました。

米オハイオ州立大学の研究チームによって次のような実験が行われた結果、アセトアミノフェンに痛みだけでなく”喜びの感情”を抑える効果があることが確認されたのです。

今回の研究では、大学生82人を対象に実施。被験者の半分にはアセトアミノフェン1000ミリグラムを、残り半分には同じ見た目の偽薬を投与した。

その後、猫と遊ぶ子供の写真や栄養失調の子供の写真など様々な写真40枚を提示。それぞれの写真について楽しいと感じるか否かを、その感情の大きさの程度も含めて回答させた。

その結果、アセトアミノフェンを投与された人は、投与されていない人に比べて、つらい写真がそれほどつらくは思えなかっただけでなく、楽しい写真もそれほど楽しいとは思えなかったという、顕著な傾向が見られました。

つまり、アセトアミノフェンの投与により、全ての写真について抱いた感情の度合いが非常に弱くなることが確認されたのです。

アセトアミノフェンには単なる鎮痛効果だけでなく、心理的な苦痛をも和らげる効果があることは以前から知られていましたが、今回の研究により、あらゆる感情を和らげ”感情の幅”を狭める効果がある可能性が示されたと言えます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 副作用

このページの先頭へ