生まれつきお酒に弱い女性は飲酒で骨折リスク倍増

女性は閉経後に骨粗しょう症リスクが高まりますが、特にお酒に弱い女性は、中高年以降、骨折リスクが倍増するとの調査結果が発表されました。

この研究成果は、慶応大などの研究チームによるものです。

生まれつきお酒に弱い人は、アルコールを分解する酵素をつくる遺伝子の働きが弱いため、その過程で生じる悪酔いの原因となるアセトアルデヒドをうまく分解できません。

そこで研究チームは、アルコール分解酵素をつくる遺伝子「ALDH2」に着目し、中高年の女性で大腿骨骨折をした92人と、骨折していない48人の遺伝子を比較しました。

具体的な分析結果は次の通りです。

骨折した人の中で、この遺伝子の働きが弱い人は58%だったが、骨折していない人では35%だった。年齢などの影響を除いて比べると、遺伝子の働きが弱い人の骨折リスクは、ない人の 2.3倍高かった。

さらに研究チームは、マウスの細胞を使った実験で、新しい骨を作る骨芽細胞がアセトアルデヒドにより機能が低下すること。そしてその機能低下は、ビタミンEの補給により改善しうることも確認できたのだとか。

チームはマウスの細胞でも実験した。骨を作る骨芽細胞にアセトアルデヒドを加えると働きが弱まったが、ビタミンEを補うと機能が回復した。

お酒に強いか弱いかは、前述のとおりアルコール分解酵素をつくる遺伝子の働きに左右されます。つまり、お酒の強さは生まれつきで、変えることはできません。

少なくとも、生まれつきお酒に弱い人、特に、閉経後に骨粗しょう症リスクが高まる女性は、飲酒により骨折のリスクが高まること。そして、そのリスクはビタミンEの補給により軽減しうる可能性があることを知っておくべきだと言えます。

  1. 生まれつきお酒に弱い女性は、飲酒により骨折リスクが倍増する
  2. ビタミンEの補給によりそのリスクを軽減できる可能性あり
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 骨粗しょう症

このページの先頭へ