既存薬にアルツハイマーの原因”タウの凝集”抑制効果を確認

アミロイドβよりむしろタウが主犯に…

これまでの研究では、アルツハイマー型認知症の主要な原因は、「脳のシミ」にも例えられる老人斑を構成する” アミロイドβ ”と呼ばれるタンパク質の異常蓄積が有力視されてきました。

ところが最近の研究では、むしろアルツハイマー病の主犯はアミロイドβではなく、” タウ ”と呼ばれる異常なタンパク質である可能性が強まってきているようです。

つまり、脳内の神経細胞に” タウ ”と呼ばれる異常なタンパク質が集まり、それにより神経細胞が壊れて死んでしまうことで、アルツハイマー病の症状が進行すると考えられているのです。

マウス実験でタウの集積を抑制し、異常行動の改善も確認

そして今回、国立長寿医療研究センターと理化学研究所、同志社大の研究チームにより、不整脈やぜんそくの治療に使われている既存の薬で、そんな” タウの集積 ”を抑える可能性がマウス実験で確認されました。

その既存薬とは、「徐脈」と呼ばれる脈が遅くなる不整脈や、気管支ぜんそくの治療で実際に使用されている「イソプロテレノール」です。

研究チームは、この薬剤をマウスに3ヶ月間投与したところ、タウの凝集を妨げ、神経細胞の死滅を抑える効果が確認できた他、マウスの神経活動の低下や異常行動についても改善が見られたのだとか。

まだマウス実験段階の研究成果であって、ヒトにも同様の効果が得られるかについては、今後の研究を待つ他ありませんが、研究チームは、10年後をめどに治療薬の開発に繋げたいとの展望を示されています。

もしかするとアルツハイマー型認知症の進行を止める、世界初の薬になるかも知れません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 認知症・アルツハイマー病

このページの先頭へ