がん細胞が抗がん剤に対する耐性を獲得するメカニズムを解明

がん細胞の抗がん剤耐性問題

がん細胞は、抗がん剤を使い続けているうちに、様々な手段で耐性を獲得していくことがわかっており、現在、様々な角度から、がん細胞が抗がん剤に対する耐性を獲得していくメカニズムを解明すべく研究が進んでいます。

ところが、現時点でもなお、この抗がん剤耐性の問題を回避するには、使用する抗がん剤の種類を一定期間で変更していくなどの措置を取らざるを得ない状況が続いています。

がん細胞が耐性を獲得する新たなメカニズムを解明

そんな中、北海道大の清野研一郎教授らの研究チームにより、がん細胞が抗がん剤から生き延びる、これまでとは異なる新たなメカニズムを解明したとの報告がありました。

まだマウス実験の段階ですが、実際に抗がん剤への耐性を獲得したがん細胞に対して、再び同じ抗がん剤が効果を及ぼすことも確認されています。これにより、効き目が持続する新たな治療薬の開発に繋がるかも知れません。

免疫を抑制するタイプのマクロファージを誘導するタンパク質に注目

研究チームは、抗がん剤への耐性を獲得したがん細胞の周辺に、免疫細胞の働きを抑制するタイプのマクロファージ(※)が多く集まっていることに着目。このタイプのマクロファージを誘導すると考えられているタンパク質「IL-34インターロイキン34)」の量を、通常のがん細胞と耐性を獲得したがん細胞で比較しました。

その結果、通常のがん細胞ではIL-34は作られなかったのに対して、耐性を獲得したがん細胞では、IL-34が大量に作られていることがわかったのです。

つまり、抗がん剤に対する耐性を獲得したがん細胞は、大量に作り出したIL-34によってマクロファージを免疫細胞の働きを抑制するタイプに変換することで、自らの生存率を高めていたわけです。

抗がん剤耐性がん細胞の死滅も確認

さらに研究チームは、マウス実験ではありますが、ドキソルビシンという抗がん剤に対する耐性を獲得したがん細胞に対して、IL-34に対する抗体を加えてその働きを阻害したところ、抗がん剤が再び効くようになり、がん細胞のほとんどが死滅したことも確認しました。

また、今回の研究では、肺がん細胞を使って実験が行われましたが、IL-34は抗がん剤耐性を獲得したがん細胞の多くが分泌していることがわかっています。研究チームは、肺がんだけでなく、脳や血液のがんでも同様の傾向があると見ています。

※「マクロファージ」とは、免疫システムを担うアメーバ状の細胞で、死んだ細胞やその破片、体内に生じた変性物質や侵入した細菌などの異物を捕まえて細胞内で消化するとともに、それらの異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える白血球の一種。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ