人工甘味料入りダイエット飲料を毎日飲む人は要注意!脳卒中や認知症リスク3倍に

米国で実施された大規模調査の結果、毎日のように人工甘味料を使用したダイエット飲料を飲んでいた人が脳卒中や認知症を発症する確率は、そのような習慣のない人に比べて約3倍も高くなることがわかりました。

この研究成果は、米ボストン大などの研究チームが、砂糖や人工甘味料が入った飲み物の健康への影響を調べるため、米マサチューセッツ州フレミンガムで継続的に実施されている大規模調査のデータを分析した結果です。

脳卒中については45歳以上の男女 2,888人、認知症については60歳以上の 1,484人を対象に、糖分の多い飲み物と人工甘味料入りの飲み物を摂取する頻度などを調査した後、その後10年間の脳卒中と認知症の発症率を調べたものです。

性別や喫煙習慣、遺伝などの影響を排除した結果、次のような結論が得られました。

人工甘味料入りのダイエット飲料を1日1回以上飲んでいた人は全く飲まない人より約3倍、それぞれ脳卒中や認知症になる確率が高かった。

一方、人工甘味料ではなく普通の砂糖入り飲料を習慣的に飲んでいる人については、脳卒中や認知症のリスクが高まる傾向は見られなかったのだとか。

また、人工甘味料入り飲料を飲んでいる人でも、その頻度が毎日ではなく週に1~6回だった人については、脳梗塞の発症率こそ 2.6倍と高かったものの、認知症についてはリスク増大が見られなかったようです。

但し、現時点では、人工甘味料の摂取と脳卒中や認知症の発症率増大との因果関係は不明で、この研究成果をもって人工甘味料の摂取が、これらの疾患の発症リスクを高めているとは言い切れません。

もしかすると、脳卒中や認知症を発症しやすい体質や生活習慣を有している人が、人工甘味料入りのダイエット飲料を好んで飲んでいるだけなのかも知れません。

この点については、さららる研究が必要ですが、単に「健康に良さそうだから…」と、毎日のように人工甘味料を摂取している人は、こういった研究結果が出ていることだけでも知っていて損はないと思われます。

  1. 毎日のように人工甘味料入りのダイエット飲料を飲んでいる人は脳卒中や認知症を発症するリスクが高くなる可能性
  2. ダイエット飲料を全く飲まない人に比べて、両疾患リスクは約3倍に
  3. 但し、人工甘味料の摂取と両疾患リスク増大との因果関係は現時点では不明
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 食生活

このページの先頭へ