アスピリンで心筋梗塞や脳卒中が予防可能!但し、効果は一部の高齢男性のみ

解熱鎮痛薬として広く用いられているアスピリンに関しては、当サイトではこれまで、アスピリンの大腸がん予防効果について報告した、日米の最新トピックスを取り上げてきました。

このアスピリンの大腸がん予防効果については、まだ臨床試験の段階に過ぎませんが、実はアスピリンには解熱、鎮痛以外にも様々な効果が認められています。

その中でも、アスピリンが有する血液を固まりにくくする作用から、心筋梗塞や脳卒中などの発症後に、血栓ができるのを防ぐ目的などでは、既に広く使用されています。

今回、そんな解熱鎮痛薬アスピリンに、心筋梗塞や脳卒中を予防する可能性があることがわかりました。但し、実際にその効果が認められたのは、ごく一部の高齢男性のみ…という限定的なものですが。

高リスク者を対象にアスピリンの予防効果を調査

日本臨床内科医会などの研究チームは、心筋梗塞や脳卒中の発症歴はないものの、高血圧や糖尿病などの危険因子を有する 60~85歳の男女約 14,000人を対象に、それらの疾患を予防するためにアスピリンの服用が有効かどうかを確かめる調査を実施しました。

より具体的には、被験者をアスピリンを服用するグループと服用しないグループの2群に分け、その後平均5年間に渡って追跡調査をしたものです。

その結果、両グループの心筋梗塞や脳卒中の発症率に有意な差は見られなかったことから、残念ながらアスピリン服用による予防の有効性は認められませんでした。

低HDLコレステロール血症を有する高齢男性だけを見たら…

但し、血中のHDLコレステロール値が 40未満の低HDLコレステロール血症」の持病を有する70歳以上の高齢男性 約500人だけを見た場合、アスピリンの服用により心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクが 56%も低いことが分かったのです。

効果が期待できる対象は非常に限定的ではありますが、心筋梗塞や脳卒中という、一旦発症してしまった場合、重い後遺症を残す可能性もある重大な疾患を、既存薬でるアスピリンで予防しうる可能性を示した、今回の研究成果の意議は大きいと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ