ぜんそく発症のカギとなるタンパク質を発見し、喘息発症の仕組み解明

ぜんそくは炎症によって気管支が狭くなり、気道が塞がって呼吸困難を引き起こします。アレルギー性のぜんそくの場合、アレルギー反応によって病原性を帯びた免疫細胞が血管の外に飛び出して気管支を刺激し、それが炎症の原因となっていることがわかっていました。

今回、千葉大の中山俊憲教授の研究チームは、喘息などの重いアレルギー疾患を引き起こすカギとなるタンパク質を発見し、アレルギー発症の仕組みを解明することに成功したと発表しました。

喘息の発症のカギはタンパク質「ミル9分子」

研究チームは、前述の病原性を帯びた免疫細胞が血管の外に飛び出す際に、その血管の内側に「ミル9分子」と呼ばれる血小板から放出されるタンパク質が集まって付着することで、免疫細胞の通り道を作っていることを突き止めました。

つまり、この「ミル9分子」と呼ばれるタンパク質が、アレルギー発症の原因となる免疫細胞が血管の外へ飛び出すのを血管内部で手伝っていたことがわかったのです。

「ミル9分子」の働きを止めてマウスのぜんそく抑制

そこで研究チームは、この「ミル9分子」の働きを止める抗体を作って、ぜんそくのマウスに投与したところ、問題となっている病原性を帯びた免疫細胞が血管の外に飛び出すことはなく、マウスは喘息を起こさなくなったことを確認しました。

喘息の発症自体を抑える画期的な治療薬の開発に期待

現在、重度のぜんそく患者に対する治療は、免疫細胞の働きを弱めるステロイド注射など対症療法が主流ですが、患者の免疫力が低下するなどの強い副作用の恐れがある一方で、近年、そのような治療によっても効果がない例も多く報告されています。

まだマウス実験レベルの研究成果ではありますが、今後のさらなる研究によって、ヒトに使える抗体が開発されれば、これまでの対症療法とは違い、ぜんそくの発症自体を抑えることのできる画期的な治療薬の開発につながると大きな期待が寄せられています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : その他のアレルギー

このページの先頭へ