世界初!脳への微弱な電気刺激でかゆみを抑制することに成功

これまでの研究により、脳に外部から微弱な電気刺激を与えることで、痛みが緩和されることが知られていましたが、今回、生理学研究所(愛知県岡崎市)の研究グループは、かゆみに対しても同様の効果があることを世界で初めて突き止めました。

実験は、成人14人の被験者の頭に簡易な通電装置を装着し、大脳皮質にある感覚をつかさどる部分である感覚運動野に、微弱な電流を15分間流して刺激。その上で、強いかゆみを起こす化学物質ヒスタミンを腕に塗って、かゆみの感じ方を9段階で申告させたものです。

その結果、電気刺激を与えない時に比べると、かゆみの感じ方が抑制されたり、かゆみを感じる時間が短くなったりすることが確認できたのだとか。この実験結果について、研究グループは次のように推測されています。

「電気刺激で大脳皮質の神経活動が活発になったところに、新たなかゆみのシグナルが来ても、脳が処理できずに感じにくくなるのではないか」

電気刺激のための電流は、ほとんどの人が感じないほど微弱なもので、身体への負担が少ない上に、薬を使わないため副作用の心配がなく持続的に使用することが可能とのこと。

さらに、全身のどの部分のかゆみであっても効果が期待できるため、慢性的なかゆみを訴えるアトピー性皮膚炎患者などに対する、効果的な治療に繋がると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : アトピー性皮膚炎

このページの先頭へ