アトピー性皮膚炎はアレルギーじゃない?細菌の異常繁殖が原因の可能性

アトピー性皮膚炎は、これまでアレルギー性鼻炎や気管支喘息と並ぶ三大アレルギー疾患の一つとされ、身体がアレルゲンに対して、免疫学的に過剰反応して発症するものとされてきました。

ところが今回、アメリカの国立衛生研究所と慶応大学などの研究グループにより、アトピー性皮膚炎は、皮膚の表面で特定の細菌が異常繁殖することなどを原因として発症している可能性が示されたのです。

研究グループは、アトピー性皮膚炎とよく似た症状を示すマウスを遺伝子操作で作製し、マウスの皮膚の表面を調べたところ、アトピー性皮膚炎の症状が出てくるに従って、皮膚に生息する様々な細菌群の中で”黄色ブドウ球菌”と”コリネバクテリウム”という2種類の細菌が異常繁殖し、皮膚細菌巣を支配していることを発見しました。

つまり、皮膚炎の発症とともに、正常な皮膚細菌巣が”黄色ブドウ球菌”と”コリネバクテリウム”からなる異常細菌巣へと劇的に変化していたのです。

抗生物質を用いたマウス実験で顕著な結果

そこで研究グループは、離乳直後のマウスに対して、異常細菌巣に効く抗生物質を持続的に投与したところ、正常の皮膚細胞巣を保ち、皮膚炎を発症しませんでした。

さらに、生まれてから無治療で皮膚炎を発症していたマウスに対して、10週目で抗菌治療を開始した群(A群)、逆に離乳直後より抗菌治療を行い、10週目で抗菌治療を中止した群(B群)に分け、症状の推移を観察したところ…

A群のマウスが、抗菌治療によって皮膚細胞巣が正常化し、皮膚炎もほぼ治癒したのに対して、B群のマウスは、それまで正常だった細胞巣が一気に”黄色ブドウ球菌”と”コリネバクテリウム”に置き換わり、激しい皮膚炎を発症したのだとか。

アトピー性皮膚炎は皮膚の異常細菌巣が引き起こす-黄色ブドウ球菌と皮膚炎の関係を解明・新たな治療戦略に期待-

アトピー性皮膚炎の治療戦略が大きく変わる可能性

今回の研究成果により、アトピー性皮膚炎は、偏った異常細菌巣によって起きている可能性が示されたわけですが、この結果を元に、皮膚表面の細胞巣を正常化することのできる新しい治療法が開発されれば、現在ステロイド剤による炎症抑制に頼っているアトピー性皮膚炎の治療戦略を大きく変えることができるかも知れません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : アトピー性皮膚炎

このページの先頭へ