6歳未満は3D画像の視聴を避けるべき!フランスで勧告

フランス食品環境労働衛生安全庁は、視覚系が活発に発達している段階である6歳未満の子供には、映画やゲームなどの3D画像(3次元画像)の視聴は避けさせるべきで、たとえ6歳以上でも13歳までは視聴を控えめにすべきだとする勧告を発表しました。

3D画像のリスクについて

ディスプレー上で3D画像として認識する場合、目が別の場所にある2つの画像に同時に焦点を合わせることにより、脳がその2つの画像を一つの画像として統合して認識するという、通常とは異なる認識プロセスをとります。

特に視覚系が活発に発達している段階や、十分に発達していない段階の子ども達が3D画像を視聴した場合、見ている対象に両目の焦点を合わせる際の”輻輳(ふくそう)”と調節に混乱が生じる可能性があるようです。

フランス食品環境労働衛生安全庁によると、その輻輳と調節の混乱や矛盾が、子ども達の健康に害を及ぼす可能性は深刻なのだとか。

もちろん日本人の子ども達にも同じリスクがあると言えます。近年では映画やパソコン、ゲーム機など3D機能をウリにしているものも少なくありません。小さなお子様がおられるご家庭は、少なくとも、小さな子どもへの3D画像の視聴制限をしている国もあるということを知っておくべきではないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ