3歳までにBMIが上昇している幼児は、12歳時の肥満リスク19倍

肥満度の目安であるBMIが、1歳半から3歳の間に上昇している幼児は、その時期に上昇が見られなかった幼児に比べ、12歳時の肥満リスクが19倍も高いことがわかりました。

この報告は、市川剛・独協医大小児科助教らの研究チームによるものです。

BMIとは、誰もが手軽に把握することのできる肥満度の目安で、「体格指数」、「ボディ・マス指数」などと呼ばれることもある国際的な指標で、次の計算式で算定することができます。

体重(kg) ÷ { 身長(m) × 身長(m) }

このBMIは出生時には高く、赤ちゃんの成長とともに徐々に減少し、一般に5~6歳で跳ね返るように上昇します。

そして、この跳ね返りの年齢が早まると、その後に肥満になりやすいことが、これまでの独協医大の研究によりわかっていました。

今回、研究チームは、栃木県内で1994~2012年に出生した子ども 215人について追跡した結果は次の通りです。

(1歳半から3歳の間に)BMIが上昇していた幼児は、上昇していない幼児に比べ、12歳時点で肥満のなりやすさが18.9倍、肥満よりやや程度の軽い「過体重」のなりやすさも16.9倍だった。

つまり、通常であれば5~6歳でBMIが上昇に転じるところ、それよりも早く3歳までにBMIの上昇が始まった幼児は、思春期に肥満になるリスクが高いことが示されたのです。

また、この傾向は、3歳時点でBMIが正常値内である幼児でも、BMIの上昇が見られる場合は12歳時で肥満になるリスクが高かったのだとか。

さらに、1歳半~3歳でBMIの上昇が見られた幼児は、12歳時の肥満リスクだけでなく、高血圧リスクや動脈硬化リスクの上昇も確認されました。

今回の研究成果により、1歳半~3歳の幼児期のBMIの上昇が、思春期以降の肥満リスク上昇などにつながることが明らかになったわけですが、このことは幼児期からの肥満対策の必要性を示していると言えます。

  1. BMIは出生時には高く、成長とともに徐々に減少し、一般に5~6歳で跳ね返るように上昇する
  2. 1歳半から3歳の間にBMIが上昇に転じている幼児は、12歳時の肥満リスクが19倍高くなる
  3. 幼児期からの肥満対策の必要性を示す研究成果
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 肥満症

このページの先頭へ