腸内の悪玉菌だけにくっついて増殖を抑制する抗体を発見!潰瘍性大腸炎などの治療に光

下痢や粘血便(血のまじった軟便)、腹痛などが慢性的続き、悪化すると下血も見られる潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患は、現時点では完治させることが難しく、近年患者数が急増している難病です。

その原因は、自己免疫異常やストレス、食生活の欧米化による腸内細菌叢のバランスの乱れに関係があるとされていますが、まだ詳しくはわかっていません。慢性化すると、大腸がんを合併することもあり、腸の病気以外にも脂質異常症や認知症など、様々な病気に繋がると考えられています。

腸内には多種多様な細菌が共存していますが、病気や加齢などで体力が落ちると、悪玉菌が増殖して腸内に炎症を起こします。一般的に実施されている抗生剤による治療は、増殖した悪玉菌を叩く一方で、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌も減らしてしまうという副作用があります。

悪玉菌だけを狙い撃ちする抗体を発見

そんな中、奈良先端科学技術大学院大などの研究チームは、腸内細菌のうち炎症を引き起こす、大腸菌や緑膿菌などの様々な悪玉菌にくっついて増殖を抑えるタンパク質「W27」と呼ばれる抗体を、マウスの体内から発見しました。

しかも、この「W27」が悪玉菌を見分ける”目印”は、健康に良い働きをする善玉菌には存在しないため、悪玉菌だけを狙い撃ちして増殖を抑えることが可能なのだとか。つまり、この「W27」は腸内の悪玉菌だけを抑える薬になる可能性があるわけです。

実際、腸炎の状態を再現したマウスに、この抗体「W27」を混ぜた水を1ヶ月経口投与したところ、腸内の悪玉菌の割合が減って腸炎を抑制することも確認されました。

将来的には、この抗体を飲むだけで、難病である潰瘍性大腸炎などの治療も可能になるだけでなく、腸内細菌叢を改善することにより、腸炎だけでなく様々な病気の予防や改善につながると期待されています。

研究チームによると10年以内の実用化を目指しているとのことです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 大腸や小腸の病気

このページの先頭へ