食事による体内時計の調節メカニズムにインスリンが関与

食事のタイミングと体内時計

時差ぼけを含む概日リズムの乱れを修正するには、起床後など適切なタイミングで光を浴びることと同様に、食事のタイミングも重要であると考えられています。

実際、これまでの研究でも、朝の食事は体内時計を朝型にし、逆に夜中の食事は体内時計を夜型に修正する可能性が示されてきました。

ところが、この食事による体内時計の調節のメカニズムについては、実際のところよく分かっていませんでした

インスリンが体内時計の調節に重要な役割

ところが今回、山口大学の研究チームにより、血糖値をコントロールする働きを持つホルモンであるインスリンが、体内時計の調節メカニズムの中で重要な役割を担っていることが明らかになりました。

この研究成果により、時差ぼけを含む概日リズム障害患者の体内時計を、適正に調節するための新しい治療法の開発につながる可能性が期待されています。

また、このインスリン自体の機能が低下する2型糖尿病患者では、食事タイミングによって体内時計が修正されにくい可能性や、血糖値をコントロールするためのインスリン注射のタイミングを誤ることによって、体内時計の乱れが発生する可能性なども示されたと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 体内時計

このページの先頭へ