睡眠時間が短い高齢者は脳の萎縮が速く、認知機能の低下も進む

高齢者の睡眠時間の認知機能に対する影響については、これまでにも様々な研究がなされてきました。しかし、認知機能の低下およびアルツハイマー病などのマーカーである脳室拡大、つまり脳の萎縮による”脳の隙間”の拡大の進行速度に対する睡眠の影響はこれまで研究されていませんでした。

今回、シンガポールの研究チームにより、加齢による脳構造の変化と健康な高齢者の睡眠時間および睡眠の質が認知機能に与える影響が調査されました。

睡眠時間が短い高齢者は脳の萎縮速度が速い

その結果、睡眠時間が1時間短いと、脳室(脳にある隙間)は1年ごとに0.59%拡大、つまりその分だけ脳が萎縮し、それにより認知機能が1年ごとに0.67%低下するとの予測がなされました。

今回の研究により、健康な高齢者では、少なくとも睡眠時間が短いことは脳の老化や認知機能の低下と関連していることが認められました。より具体的な数値で示されたことは大きいと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ