欧米型の食生活に偏ると乳がんリスクが最大1.3倍以上に

現在、乳がんは日本人女性が罹患するがんのトップを占めており、日本人女性が生涯のうちに乳がんを発症する割合は、実に12人に1人に及ぶとも言われいます。

50年ほど前には50人に1人程度であったことを考えると、日本人女性における乳がんの罹患率は近年激増していると見ることができます。

もちろん検査精度の向上や検診の受診率の上昇なども、その一因であると言えますが、もともと乳がんは欧米女性に多かったことから、近年の食生活の欧米化が大きく関連していると考えられています。

約5万人の女性を食生活で3つのタイプに分類して追跡調査

そして今回、国立がん研究センターや東京大などの研究チームは、1995~1998年の間に食に関するアンケート調査に回答した、当時45~74歳の女性 49,552人を対象に、2012年末まで追跡した調査結果を発表しました。

被験者の食生活について、中心に摂取する食材から次の3つのタイプに分類した上で、134品目の食品や飲料の摂取量から点数化し、その後の乳がん発症率との関連を調べたものです。

健康型 野菜やいも類、大豆製品、緑茶など
欧米型 肉類・加工肉、パン、ソフトドリンク、乳製品など
伝統型 ご飯、味噌汁、漬け物、塩魚・干物など

その結果、欧米型の点数が最も高いグループは、最も低いグループと比べて、乳がんの発症リスクが 1.32倍だったことがわかりました。その一方で、健康型や伝統型の食生活でも、同じように点数化して分析されましたが、いずれの場合もリスクの上昇は見られず、乳がんの発症リスクは欧米型の食事とのみ強く関連していることがわかったのです。

極端に欧米型に傾いている女性は…

もっとも、この傾向は、あくまで食生活が極端に欧米型に傾いている人に見られるもので、欧米型の点数が2番目以降のグループでは、乳がんリスクの上昇こそ見られたものの、統計的に有意な差とは言えない程の微小なものだったようです。

従って、現時点で日頃の食生活が肉類中心で、パン食やハンバーガーなどのファストフードで済ませがち・・・と言った具合に、欧米型に極端に傾いてしまっている女性で、特に乳がんが気になっている人は、たとえ少しずつでも健康食を取り入れたり、日本の伝統型の食事にシフトしていくと良いと思われます。

伝統型の食事には胃がんリスクに注意

但し、漬け物や干物など塩分の摂り過ぎが危惧される伝統型の食生活に偏ってしまった場合、今度は胃がんの発症リスクが高くなるとの指摘もあり、もしもこの研究結果を受けて食生活を見直す場合には、乳がん以外の病気との関連も考える必要があるようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 乳がん

このページの先頭へ