乳がん細胞がホルモン療法に耐性を獲得するメカニズムを解明

乳がんの多くは、エストロゲンという女性ホルモンをがん細胞内に取り込んで増殖することがわかっています。そこで乳がん治療では、このエストロゲンの働きを抑制する薬剤を投与することで、乳がんの増殖を抑える”ホルモン療法”がよく用いられます。

しかし、このホルモン療法を長期間に渡って続けていると、乳がん細胞が薬剤に耐性をもってしまい、薬剤が効きにくくなったり、再発する可能性があるのです。再発したがんは周りの組織に広がりやすくなり、リンパ節に転移するなど難治性となることが知られています。

これまでの研究により、薬剤への耐性ができる原因としては、エストロゲン受容体を作る遺伝子の一種である”ESR1遺伝子”が関与していると見られていましたが、その具体的な仕組みは明らかではありませんでした。

がん増殖遺伝子を活性化させる分子が存在

今回、熊本大学の研究チームは、この”ESR1遺伝子”に注目し、ホルモン療法に対して耐性を獲得し、薬剤が効きにくい状態における”ESR1遺伝子”の変化を調査した結果、乳がん細胞がホルモン療法に対して耐性を獲得する具体的なメカニズムが明らかになりました。

その結果、難治性の乳がん細胞ではエストロゲン受容体およびESR1メッセンジャーRNA の量が数倍に増加していた。

また、核内のESR1遺伝子の近くに非コードRNAの大きな塊ができていることも判明。

つまり、乳がんのホルモン治療後において、乳がん細胞が薬剤に対して耐性を獲得する背景に、がん細胞を増殖させる遺伝子(ESR1遺伝子)の近くに集まり、同遺伝子を活性化させている分子(非コードRNA)の存在があることを突き止めたのです。

ポリフェノールによる抑制効果も確認!

さらに、研究グループは、ポリフェノールの一種である”レスべラトロール”が、乳がん細胞の薬剤耐性化の原因となっている、この”ESR1遺伝子”と”非コードRNA”の働きを阻害し、がん細胞の増殖を抑制することも確認したのだとか。今後の新しい乳がん治療の開発に繋がると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 乳がん

このページの先頭へ