がんに集まる微小カプセルでがん細胞だけを狙い撃ち!マウスで効果確認

東京大の片岡一則教授らの研究チームは、正常な組織をほとんど傷つけることなく、がん細胞だけを狙い撃ちして治療する微小カプセルの開発に成功し、実際、マウスを使った実験でその効果を確認したとの発表がありました。

この微小カプセルは、直径約55ナノ・メートル(ナノは10億分の1)と非常に微小で、がんを検知すると血管から染み出てがん細胞に集まる性質を持たせたものです。

このカプセルの中に、中性子線が当たると放射線を出す性質を有するガドリニウムという元素を入れることで、がん患部にガドリニウムを集め、そこへ向けて外部から中性子線を当てることにより、カプセルから放出される放射線で、がん細胞だけを狙い撃ちするものです。

研究チームはこの微小カプセルを、がんを発症したマウスに注射し、その24時間後に患部に向けて中性子線を当てることで、がんの増殖が大きく抑えられたことを確認したのだとか。特に脳腫瘍などの手術が難しいがんの新しい治療法の開発に繋がるのではと期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ