がんの5年後生存率を公表!胃がん71%、乳がん92%など

国立がん研究センターは14日、がん患者の完治の目安とされている”5年後の相対生存率”が 64.3%だったことを発表しました。

”相対生存率”とは、単純な生存の割合ではなく、がん以外の病気による死亡の影響が除外されており、がんに対する医療の質を評価する指標として国際的に使われているものです。

より具体的には、全国のがん診療拠点病院177施設において、2007年に治療を開始した主要5部位のがん患者、のべ約17万人について、5年後の生存率が同じ年齢、性別の一般集団に比べてどれだけかを示したものです。

さらに、がんの部位別の5年相対生存率についても発表されました。その具体的な詳細は次の通りです。

部位別 5年相対生存率
胃がん 71.2%
大腸がん 72.1%
肝臓がん 35.9%
肺がん 39.4%
乳がん 92.2%

また、例えば胃がんの場合は、東京都は78.8%で最も高く、最も低かったのは群馬県で60.9%だった・・・などと、都道府県別のデータも発表されていますが、データの安定性を高めるために、患者の予後の把握率が90%以上で、かつ、集計対象が50例以上の施設が2施設以上ある都道府県データのみが公表されており、単純に比較することはできない模様です。

とは言え、早期に診断を受けて、手術などの治療を受ける患者の割合が高い地域で、相対生存率が高い傾向が見られたことも事実で、例えば検診の受診率を上げる取り組みを検討するなど、早期発見、早期治療に向けた対策のためのデータとして利用されることが期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ