高身長はがんの危険因子かも?!特に女性は乳がんリスク上昇

これまでの研究でも、身長とがんリスクの関連性を指摘する研究結果はありましたが、今回、スウェーデンで1938~1991年の間に生まれた550万人もの男女を対象にした、これまでで最大規模の調査研究の結果、身長が高い人ほど癌のリスクが増加するとの研究結果が出たようです。

特に、この傾向は女性で顕著にみられ、身長が100cmから10cm高くなるごとに、がんの発症率が男性で10%女性で18%も高まることがわかりました。女性のがんリスクを大幅に押し上げているのは乳がんリスクで、がんの種類別に分析した結果、身長が10cm高くなるごとに、乳がんリスクが20%も上昇していたのだとか。

また、ホクロの癌であるメラノーマ(悪性黒色腫)のリスクは、男女ともに30%も上昇していることもわかりました。

つい先日、牛乳に含まれるウイルスが乳がんの原因となる可能性を示した研究結果について取り上げたばかりですが、今回の研究成果により、これまではあまり考慮されていなかった ”身長” を、がんの、特に女性の場合は乳がんの新たな危険因子として捉える必要が出てくるかも知れません。

もっとも、今回の研究結果をそのまま、気候や食生活などが異なる他国の人々に当てはめることはできませんし、専門家の中には、今回の解析手法を疑問視する声も少なくないようです。

しかしその一方で、がんと身長の関連性は一見して奇妙に見えるものの、人間のがんリスクは体の細胞の数に関連しており、身長が高ければ必然的に細胞の数も増えることから、当然にして細胞ががん化するリスクも高くなるとして、今回の研究結果を妥当視する見解もあります。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ