最新のがん5年生存率 ”62.1%”が意味するホントのところ

最新のがん5年生存率が発表されました

今回、国立がん研究センターは、地域がん登録をしている都道府県のデータを集計し、2006~2008年にがんと診断された患者 約64万人を対象にした、がん患者の5年生存率(※)の最新推計を発表しました。

※ 5年生存率とは、がんと診断された人が5年後に生存している割合を意味しますが、なぜ「5年」なのかと言うと、がんの治療や経過観察の目安とされている期間が5年だからです。

より厳密には、がん以外の病気や事故による死亡の影響を除外した「5年後の相対生存率」で、がんに対する医療の質を評価する指標として国際的に使われている基準です。

全ての部位のがんを合わせた5年生存率の概要は次の通りです。

性別 5年生存率
男性 59.1%
女性 66.0%
全体 62.1%

3回の大規模調査で見えてきたこと

広く都道府県単位で登録したデータを基に、特に精度の高い府県の情報を集計するのは、実は今回が3回目です。そこで、過去2回の調査における5年生存率を見てみると・・・

2000~2002年にがんと診断された患者、約15.4万人を対象とした初回調査では 56.9%、2003~2005年に診断された患者、約19万人を対象とした前回調査では 58.6%でした。

より比較し易いように3回の調査の概要と結果を一覧票にまとめてみます。

  1回目 2回目 今回
診断(※) 2000~02 2003~05 2006~08
対象患者数 15.4万人 19万人 64万人
5年生存率 56.9% 58.6% 62.1%

※ がんと診断された年度

まず注目したいのは、集計対象となったがん患者数です。この表からも明らかなように、今回の調査で大幅(3倍以上)に増えていることがわかります。つまり、5年生存率の数値の精度が、少なくとも今回の調査により大幅に高まったと言えるのではないでしょうか。

さらに5年生存率の数値は、調査を重ねるごとに緩やかではありますが向上していることがわかりますね。では、5年生存率が向上しているという事実をもって、がん治療の成績が向上していると考えて良いのでしょうか?

がん5年生存率の向上が示すものは?

この点について国立がん研究センターは、がん治療法の改善というよりもむしろ、前立腺がんや乳がんなど生存率の高いがんの発見率の向上による影響が大きいと考えているようです。

がんの部位別、進行度別のさらなる詳細な分析により、がん治療の実力が見えてくる可能性はありますが、現時点では、今回の5年生存率 62.1%という数値は、単に色々な種類のがん生存率を一緒くたにした数字に過ぎないと言えます。

最後に、5年生存率が高い主ながん(男女別)と、逆に5年生存率が低いがんを一覧表にまとめておくことにします。

【男性】5年生存率が高いがん

前立腺がん 97.5%
皮膚がん 92.2%
甲状腺がん 89.5%

【女性】5年生存率が高いがん

甲状腺がん 94.9%
皮膚がん 92.5%
乳がん 91.1%

5年生存率が低いがん

膵臓がん 7.7%
胆のう・胆管がん 22.5%
肺がん 31.9%
肝臓がん 32.6%

日本のがん生存率の最新全国推計公表 |国立がん研究センター

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ