がん転移の元になる血中がん細胞を捕まえるインプラント開発

がんの”転移”は、最初にがんが発生した部位から、少数単位の細胞が血流に乗って移動し、他の部位に定着することで起こり、この転移の発見が遅れることによって、命を落とすがん患者は少なくありません。

転移の際に血流に含まれる少数単位の細胞は ”血中循環腫瘍細胞” と呼ばれていますが、多くの場合、長期間に渡って血中を循環してから新たな部位に定着するため、これまでの技術では発見することが非常に困難でした。

がん転移の元となる血中のがん細胞を捕まえる

今回、アメリカの研究チームは、血流に乗って体内に拡散しようとするがん細胞であり、がん転移の元となる ”血中循環腫瘍細胞” を捕捉することのできる、極小の体内埋め込み型医療機器(インプラント)の開発に成功しました。

今回の研究成果により、がん移転の元となる血中循環腫瘍細胞を捕捉することで、体全体に広く拡散する前に転移を発見することが可能となるだけでなく、体内に埋め込んだインプラントで転移性がん細胞を収集し、これを分析することによって、より最適な治療法の特定が容易になると期待されています。

まだマウス実験段階での研究成果ではありますが、これを元にして人間用のインプラントの設計を構築することも十分に可能で、研究チームは、より早期に人間のがん患者を対象とした臨床試験の開始を目指しているようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ