がん細胞の”転移”を引き起こすたんぱく質を特定

がん細胞の転移を引き起こすメカニズムを解明

がん細胞活性化や脳の「海馬」形成に関係しているとされていたガーディン」というタンパク質が、がん細胞が移転する際に重要な役割を果たしていることを、名古屋大学の研究チームが解明しました。

細胞同士を接着させる「カドヘリン」というタンパク質を細胞内に取り込む際、ガーディンがカドヘリンを細胞膜ごと切り離す因子にくっつき、細胞膜の切断を補助することがわかったのだとか。

この「カドヘリン」ががん細胞内に取り込まれると、細胞同士の接着が弱まり、がん細胞の体内での移動、すなわちがん細胞の転移が可能になります。

がんの転移を抑制する新薬の開発に期待

そこで、ガーディンが細胞膜の切断因子にくっつくことを防ぐことができれば、がん細胞は細胞内にカドヘリンを取り込むことができず、結果としてがん細胞の転移を抑制できる可能性が出てきました。

がんは転移さえ防ぐことができれば、何ら恐れる病気ではありません。脳への副作用なども考慮する必要があるようですが、ガーディンの働きを抑制する新薬の開発に期待しましょう!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ