がん患者約3万5千人のがんの部位別10年生存率を初集計

国立がん研究センターなどの研究グループは今回、全国16施設において1999年から2002年にがんと診断され、治療を開始した35,287人を追跡調査し、10年後の生存率を初めてまとめました。現在、全国がん(成人病)センター協議会の公式サイトで公開されています。

全がん協生存率調査 【全国がん(成人病)センター協議会】

それによると、全てのがんを平均した10年生存率は 58.2%だったことがわかりました。もちろん、この場合の”生存率”は、がん以外の要因で死亡した影響を除いた”相対生存率”です。さらに、主な部位別に見た場合の10年生存率は次の通り。

がん部位別 10年生存率(%)
甲状腺がん 90.9
乳がん 80.4
大腸がん 69.8
胃がん 69.0
肺がん 33.2
食道がん 29.7
胆のう胆道がん 19.7
肝臓がん 15.3
膵臓がん 4.9

甲状腺がんや乳がんが80%を超える高い生存率であるのに対して、肝臓がん、食道がん、胆のう胆道がん、膵臓がんなどは、10年生存率が30%にも満たないとの結果が得られたようです。

また、5年経過時点での生存率と比較した場合、全がん種平均で5ポイント近く低くなるものの、胃がんや大腸がんでは5年生存率とほとんど変わらず、5年以降はほぼ横ばいの状況である一方で、乳がんや肝臓がんは5年後以降も生存率が下がり続ける傾向が見られるなど、がんの部位別の傾向が浮き彫りとなりました。

つまり、胃がんや大腸がんは、5年を過ぎると生存率が横ばいになるため、この5年が治療効果を計る大きな目安となるのに対して、乳がんや肝臓がんの場合は、5年を経過しても生存率が下がり続ける傾向にあるため、より長期間の経過観察が必要であることがわかります。

実は、これまでにも全国がん(成人病)センター協議会によって、5年生存率は算定されてきましたが、今回初めて10年生存率が把握されたことで、がんという病気をより長い経過で捉えることが可能となったと言えます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ