がん再発や転移の原因となる”がん幹細胞”を鉄分除去で抑制

体内のすべての臓器や組織は、それぞれの元となる特殊な細胞が分裂することによって作られています。この元となる特殊な細胞は ”幹細胞” と呼ばれており、最近の研究によって、実はがん細胞にも ”がん幹細胞” と呼ばれる ”がんの親玉”的な細胞が存在することがわかってきました。

しかも、このがん幹細胞には、既存の抗がん剤が効かないというやっかいな性質を有しています。外科手術や抗がん剤治療、放射線治療などにより、通常のがん細胞を取り除いたり死滅させることができたとしても、このがん幹細胞を残してしまった場合、そこからまた新たながん細胞が生み出されることになり、これが再発や転移の原因になると考えられています。

がん幹細胞を直接攻撃しうる可能性

現在、がんの根本的治療法の確立を目指して、世界中でこの ”がん幹細胞” をターゲットとする研究が盛んに進められている状況ですが、今回、岡山大の大原利章助教らの研究チームにより、このがん幹細胞が、細胞中の鉄分を取り除くことにより抑え込める可能性が示されたのです。注目すべき具体的な研究結果は次の通りです。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)で作ったがん幹細胞に鉄分を与えると、普段より3倍増えた。一方、鉄分を取り除く薬を加えると、がん幹細胞の増殖が抑えられた。

また、このがん幹細胞でがんを発症させたマウスに、鉄を取り除く薬を与えると、がんの腫瘍が小さくなった。

この結果は、がん幹細胞中の鉄分が不足している場合、新たながん細胞を次々と生み出すために必要なタンパク質の働きに悪影響が出るためではないかなどと見られていますが、いずれにしても、これまで抗がん剤治療や放射線治療による効果が得られなかったがん幹細胞に対して、直接攻撃しうる可能性が出てきたわけです。

すでに研究チームは昨年より、肝がん患者に対して鉄分を除去する薬剤を使った治療法の臨床試験を実施しているのだとか。がん幹細胞を標的とした、がんの根本的治療法となる可能性に大いに期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ