「アレルギー」の記事一覧

ぜんそく発症のカギとなるタンパク質を発見し、喘息発症の仕組み解明

ぜんそくなどの重いアレルギー疾患を引き起こすカギとなるタンパク質が発見され、アレルギー発症の仕組みが解明されました。このタンパク質の働きを止める抗体が開発されれば、これまでの対症療法とは違い、喘息の発症自体を抑えることのできる画期的な治療薬の開発に繋がると期待されています。

サプリによるビタミンD補充で喘息の悪化リスクを低下しうる可能性

日本人を含む多様な人種における、主に軽症から中等症の喘息患者を対象とした9件の比較試験のデータを統合的に解析した結果、ビタミンDサプリメントの経口投与により、喘息の病状が悪化するリスクを有意に低下させうるとする最新の研究成果が発表されました。

アトピー性皮膚炎の発症メカニズムを解明!ワセリンで予防も

理化学研究所などの研究チームは、マウスを使った実験によりアトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止め、その発症メカニズムの一端を解明することに成功。さらにワセリンなどの塗布による、アトピー性皮膚炎の発症遅延・予防効果も確認しました。

カニの殻から作った極細繊維でアトピーの症状と進行を抑制

カニやエビの殻を原材料とする極細繊維「キチンナノファイバー」を患部に塗布するだけで、アトピー性皮膚炎の症状が抑えられ、さらに皮膚の炎症の進行も抑えることがマウス実験で確認されました。

生後1年以内の犬や家畜との接触で小児喘息の発症リスク低下

スウェーデンの研究チームにより、同国の幼小児 約65万児のデータを解析した結果、生後1年以内に犬や家畜と触れあうことで、その後に小児喘息を発症するリスクが顕著に低下するとの結果が得られました。

子どものぜんそく発症に関連する4種の腸内細菌を特定

子ども300人以上を対象として、生後3ヶ月と1年の時点で便を検査した結果、ぜんそくになるリスクが高い子どもは、生後数ヶ月の間に重要な4種類の腸内細菌が不足している可能性が明らかになりました。また、この4種類の腸内細菌を特定することもできたようです。

世界初!脳への微弱な電気刺激でかゆみを抑制することに成功

脳に外部から微弱な電気刺激を与えることで、かゆみを抑制することができることが初めて突き止められました。身体への負担が少ない上に、薬を使わないため副作用の心配がなく、持続的に使用することも可能なので、アトピー性皮膚炎の効果的な治療に繋がると期待されています。

食物アレルギーの根本的治療法確立に繋がる物質を発見!

食物アレルギーをひきおこす免疫細胞の中に存在する「プロスタグランジンD2」と呼ばれる物質に、アレルギー反応を抑制する力があることが、今回初めて突き止められました。これまで無かった食物アレルギーに対する根本的治療法の確立に繋がるかも知れません。

気管支ぜんそくを悪化させるキノコの胞子を特定!胞子除去で予防も

気管支ぜんそくで受診した患者のたんを採取して調べたところ、全体の約3割に当たる患者のたんに、真菌の一種で”担子菌”と呼ばれるキノコの胞子が含まれていることがわかりました。喘息の症状を悪化させている可能性があり、これらを除去できれば症状の改善や予防が期待できるかも知れません。

アトピー性皮膚炎はアレルギーじゃない?細菌の異常繁殖が原因の可能性

これまでアレルギー疾患の一つとされてきたアトピー性皮膚炎ですが、今回、アメリカの国立衛生研究所と慶応大学などの研究グループにより、アトピー性皮膚炎は皮膚の表面で特定の細菌が異常繁殖することなどを原因として発症している可能性が示されました。

このページの先頭へ