「アトピー性皮膚炎」の記事一覧

アトピー性皮膚炎の発症メカニズムを解明!ワセリンで予防も

理化学研究所などの研究チームは、マウスを使った実験によりアトピー性皮膚炎の原因遺伝子を突き止め、その発症メカニズムの一端を解明することに成功。さらにワセリンなどの塗布による、アトピー性皮膚炎の発症遅延・予防効果も確認しました。

カニの殻から作った極細繊維でアトピーの症状と進行を抑制

カニやエビの殻を原材料とする極細繊維「キチンナノファイバー」を患部に塗布するだけで、アトピー性皮膚炎の症状が抑えられ、さらに皮膚の炎症の進行も抑えることがマウス実験で確認されました。

世界初!脳への微弱な電気刺激でかゆみを抑制することに成功

脳に外部から微弱な電気刺激を与えることで、かゆみを抑制することができることが初めて突き止められました。身体への負担が少ない上に、薬を使わないため副作用の心配がなく、持続的に使用することも可能なので、アトピー性皮膚炎の効果的な治療に繋がると期待されています。

アトピー性皮膚炎はアレルギーじゃない?細菌の異常繁殖が原因の可能性

これまでアレルギー疾患の一つとされてきたアトピー性皮膚炎ですが、今回、アメリカの国立衛生研究所と慶応大学などの研究グループにより、アトピー性皮膚炎は皮膚の表面で特定の細菌が異常繁殖することなどを原因として発症している可能性が示されました。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を保湿剤で予防!発症率3割減

生後間もない赤ちゃんの皮膚に、一般に市販されている保湿剤を毎日塗ることで、その後にアトピー性皮膚炎を発症するリスクを32%も軽減することができたとする研究成果が発表されました。

成人型アトピー性皮膚炎に有効なビフィズス菌を初めて確認

乳幼児のアトピー性皮膚炎に有効な乳酸菌については、これまで多くの報告がありますが、難治化した成人型アトピー性皮膚炎に有効な乳酸菌については確認されていませんでした。ところが今回、成人型アトピー性皮膚炎に有効な乳酸菌が初めて確認されました。

このページの先頭へ