「医薬品・ワクチン・サプリメント」の記事一覧(2 / 3ページ)

ビタミンやミネラルの積極投与で暴力を抑制できるか?大規模研究開始

来年早々にもオランダで、国内7ヶ所の施設に収容されている、暴力的な傾向を示す受刑者を対象に、ビタミンやミネラル、必須脂肪酸などを投与することによる暴力行為の抑制効果を確認する、大規模な調査研究が開始される予定です。

ピロリ菌経口ワクチンの臨床試験で感染予防効果を確認

中国の研究チームにより、感染歴ない6~15歳の小児 4,464例を対象にして実施された、ピロリ菌経口ワクチンに関する、治験の最終段階である臨床第Ⅲ相試験の結果、ワクチン接種によるピロリ菌感染予防の有効性と安全性、免疫原性が確認されました。

亜鉛サプリを長期摂取する場合は定期的に銅濃度をチェックしましょう

今回イギリスにおいて、多くの患者に亜鉛が過剰投与されている実態が明らかになりました。亜鉛の過剰摂取は、銅や鉄の吸収が阻害されて貧血や神経症状が引き起こされる可能性もあるようです。長期的に亜鉛サプリを摂取している方は、定期的な血中の銅濃度のチェックを!

カネボウ化粧品による白斑症状に”紫外線療法”が有効の可能性

カネボウ化粧品の美白化粧品による白斑問題で、日本皮膚科学会の特別委員会による3度目の全国調査の結果、患部に紫外線をあてる紫外線療法が最も有効だとする調査結果が報告されました。紫外線療法を試した約半数以上に効果が認められたようです。

キシリトールの”虫歯予防効果”に明確な証拠は存在せず

今回、キシリトール含有製品による虫歯予防効果に関して、実はその有効性を示す明らかな証拠が存在せず、キシリトールには単に”虫歯の原因にならない”以上の効果は不明であるとする厳しい評価が、信頼性の高い国際研究グループ”コクラン”により下されました。

多くの鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェンに新たな副作用!感情の幅を狭める効果

今回、多くの鎮痛剤などに含まれるアセトアミノフェンに新たな副作用の報告がありました。それはアセトアミノフェンに心理的な苦痛を和らげる効果だけでなく、”喜びの感情”をも含めた、あらゆる感情を和らげ、”感情の幅”を狭める可能性があるというものです。

排卵予測や尿便潜血も!市販の自己検査薬が十数品目解禁へ

厚生労働省は自宅で気軽に病気や体調をチェックできる検査薬の市販対象を広げる検討を始めました。排卵検査薬や尿潜血キット、便潜血キットなど、新たに十数品目が解禁され、早ければ来年度中にも市販される見通しです。

まつ毛を長く、太くする塗り薬、国内初のまつ毛貧毛症治療薬が登場!

まつ毛をより長く、そしてより太くする効果のある、日本初のまつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」が、この29日にも発売される見通しとなりました。まつ毛のエクステ施術に比べれば目への障害は格段に少ないようです。

神経障害性疼痛の治療薬「リリカ」に劇症肝炎など重い副作用

神経障害性疼痛の代表的な治療薬「リリカ」に、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用を発症する症例が確認されました。「リリカ」の使用患者は推計で年約195万人とも言われていますが、今後はどのような症状に気を配るべきなのでしょうか?

妊婦と胎児に重大な副作用が!注意すべき2種類の高血圧薬

妊娠後に高血圧治療薬を服用したことによって、妊婦や胎児にその副作用と見られる症状があらわれた症例が、2011年~2013年度に63例もあったことが判明しました。妊婦が気をつけるべき2種類の高血圧治療薬とその商品名は?

このページの先頭へ