「副作用」の記事一覧

糖尿病薬「メトホルミン」でビタミンB12欠乏に!貧血の原因にも

安価で副作用の少ない糖尿病治療薬「メトホルミン」の使用が、貧血や末梢神経障害などの原因となる、ビタミンB12の欠乏と関連している可能性が示されました。また、メトホルミンの使用年数が長いほど、ビタミンB12の欠乏リスクが上昇していることも明らかに…

子宮頸がんワクチンで脳に障害か、患者の39%に学習障害

厚生労働省の研究班が、子宮頸がんワクチンの副作用を訴えている患者98人を調査した結果、そのうちの39%の患者が「授業の内容を記憶できない」などの”学習障害”を訴えていることなどがわかりました。

子宮頸がんワクチンの副作用 3割は今も改善せず、3%は悪化も

子宮頸がんワクチン接種後に、様々な副作用を訴えている人が相次いでいる問題で、厚生労働省の調査の結果、現在も治療を続けている98人のうち、約30%が今なお改善が見られないこと、治療によって悪化した人も約3%見られたなど、その深刻な実態が明らかになりました。

逆流性食道炎や胃潰瘍の薬で認知症リスク上昇の可能性

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療のために、胃酸の分泌を抑える胃酸抑制薬として現在広く使用されている「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」を定期的に処方されている高齢者は、認知症リスクが1.44倍高くなることが判明しました。

亜鉛サプリを長期摂取する場合は定期的に銅濃度をチェックしましょう

今回イギリスにおいて、多くの患者に亜鉛が過剰投与されている実態が明らかになりました。亜鉛の過剰摂取は、銅や鉄の吸収が阻害されて貧血や神経症状が引き起こされる可能性もあるようです。長期的に亜鉛サプリを摂取している方は、定期的な血中の銅濃度のチェックを!

カネボウ化粧品による白斑症状に”紫外線療法”が有効の可能性

カネボウ化粧品の美白化粧品による白斑問題で、日本皮膚科学会の特別委員会による3度目の全国調査の結果、患部に紫外線をあてる紫外線療法が最も有効だとする調査結果が報告されました。紫外線療法を試した約半数以上に効果が認められたようです。

多くの鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェンに新たな副作用!感情の幅を狭める効果

今回、多くの鎮痛剤などに含まれるアセトアミノフェンに新たな副作用の報告がありました。それはアセトアミノフェンに心理的な苦痛を和らげる効果だけでなく、”喜びの感情”をも含めた、あらゆる感情を和らげ、”感情の幅”を狭める可能性があるというものです。

神経障害性疼痛の治療薬「リリカ」に劇症肝炎など重い副作用

神経障害性疼痛の代表的な治療薬「リリカ」に、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用を発症する症例が確認されました。「リリカ」の使用患者は推計で年約195万人とも言われていますが、今後はどのような症状に気を配るべきなのでしょうか?

妊婦と胎児に重大な副作用が!注意すべき2種類の高血圧薬

妊娠後に高血圧治療薬を服用したことによって、妊婦や胎児にその副作用と見られる症状があらわれた症例が、2011年~2013年度に63例もあったことが判明しました。妊婦が気をつけるべき2種類の高血圧治療薬とその商品名は?

子宮頸がんワクチンの多様な副作用は脳障害が原因の可能性

子宮頸がんワクチンの多様な副作用を訴えている患者さんの髄液を調べたところ、免疫機能に異常が生じたことにより、自らの脳の機能に様々な障害が起きている可能性が確認されました。

このページの先頭へ