「緑内障」の記事一覧

緑内障リスクの高い人は要注意!ピルの継続服用でリスク2倍

日本では一般的に「ピル」と呼ばれている経口避妊薬を3年以上使用している女性は、使用していない女性と比べて、緑内障やその危険因子の一つとされる高眼圧症を発症するリスクが約2倍も高くなっていることがわかりました。

緑内障の遺伝子変異を特定!早期発見のための検査キット開発へ

眼圧の上昇が原因で発症するタイプの緑内障患者に特有な遺伝子配列の変異が特定されました。既に、この遺伝子変異を利用した、緑内障の発症リスクを診断する検査キットの開発にも着手されており、早ければ1年半後にも実用化される見通しです。

緑の濃い葉野菜が緑内障予防に効果あり!リスク20%以上低下を確認

ほうれん草などの緑の濃い葉野菜に含まれる硝酸塩については、発がん性物質の生成に関与するとの指摘がある一方で、心臓や血管に有益であるとする報告も多数寄せられています。今回、この硝酸塩が緑内障の発症リスクを20%以上も低下させるとする報告が寄せられました。

緑内障に関する6つの遺伝子変異を特定!早期発見に期待

今や緑内障は早期に発見し、より早期に治療を開始すれば、失明の危機を回避することも可能です。今回、緑内障に関係する6つの遺伝子変異が特定されました。早期診断やより効果的な治療に繋がるものと期待されています。

このページの先頭へ