「眼病・視力回復」の記事一覧(2 / 2ページ)

6歳未満は3D画像の視聴を避けるべき!フランスで勧告

今回フランスにおいて、映画やゲームなどの3D画像が成長途上の目に及ぼす悪影響を考慮して、6歳未満の子供には3D画像の視聴は避けさせるべき、また13歳までは視聴を控えめにすべきだとする勧告が発表されました。

緑内障に関する6つの遺伝子変異を特定!早期発見に期待

今や緑内障は早期に発見し、より早期に治療を開始すれば、失明の危機を回避することも可能です。今回、緑内障に関係する6つの遺伝子変異が特定されました。早期診断やより効果的な治療に繋がるものと期待されています。

ブルーライトが目にダメージを与えるメカニズムを解明

ブルーライトが視細胞に障害を与えることは知られていましたが、ブルーライトが視機能にどのように悪影響を及ぼすのかについては、実はよくわかっていませんでした。今回、ブルーライトが目にダメージを与える詳細なメカニズムが解明されたようです。

粗悪なカラコンによる被害続出で”眼科医の処方”法制化も

眼障害で眼科医を受診したカラコン使用者の約9割は、40~50年も昔の旧素材で作られた酸素透過性の低いカラコンを使用していた可能性が高いことが判明しました。こうした結果を受けて、カラコン販売に眼科医の処方性を義務づける動きも出ているようです。

夜は遮断すべきブルーライト、昼も遮断すると睡眠障害の可能性

夜間にブルーライトを浴びることによる健康被害については、これまで盛んに警鐘が鳴らされてきましたが、今回それとは逆に、昼間のブルーライトを遮断し過ぎることによる健康障害も一方であることが判明したようです。

このページの先頭へ