「生活習慣」の記事一覧

若い頃から身長が2センチ以上低くなった高齢者は転倒リスク2倍

20~30歳代に比べて身長が2センチ以上縮んだ高齢者は、身長の低下が2センチ未満だった人に比べると、転倒するリスクが2倍高くなるとの調査結果がまとめられました。

適度な飲酒でも脳が萎縮するリスクが2~3倍高まる可能性

もちろん過度の飲酒には、健康上様々な悪影響が確認されていますが、たとえ適度な飲酒であっても数十年に渡って続けた場合、飲酒習慣のない人に比べて、脳の中で主に記憶をつかさどる領域である海馬が萎縮するリスクが2~3倍高まるとの報告がありました。

電子たばこで膀胱がんリスクが上昇する可能性を示す2つの最新報告

従来の紙巻たばこによる喫煙の代替や、禁煙に踏み切るための一時的な手段として電子たばこを使用する人が増えていますが、今回、米国泌尿器学会において、そんな電子たばこの使用により、膀胱がんの発症リスクが上昇する可能性を示唆する2つの研究結果が報告されました。

「軽いタバコ」ほど発がん性高く…フィルターの穴が肺腺がんの原因に

肺がんの中でも喫煙の影響が少ないと考えられてきた肺腺がんですが、今回、米オハイオ州立大の研究チームにより、近年みられる肺腺がんの増加は、煙の中のタールの含有量が少ない、いわゆる「軽いたばこ」がその要因の一つになっているとの研究成果が発表されました。

トランス脂肪酸禁止のニューヨークで心臓発作や脳卒中が減少

アメリカでは2018年までに、トランス脂肪酸の加工食品への使用が全面的に禁止される予定ですが、それよりも一足早く、2007年よりレストランやファストフード店での全面禁止に踏み切っていたニューヨーク市で、心臓発作や脳卒中が減少していることがわかりました。

人工甘味料入りダイエット飲料を毎日飲む人は要注意!脳卒中や認知症リスク3倍に

毎日のように人工甘味料を使用したダイエット飲料を飲んでいた人が、脳卒中や認知症を発症する確率は、そのような習慣のない人に比べて約3倍も高くなるとの研究結果が報告されました。

喫煙本数が1日に30本以上の男性は白血病リスク倍増!国内の大規模研究で判明

国内で実施された大規模調査の結果、喫煙本数が1日30本以上の男性は、たばこを吸わない男性に比べて、急性骨髄性白血病を発症するリスクが倍増することがわかりました。禁煙は、がんや循環器・呼吸器疾患などの予防だけではなく、白血病の予防においても重要ということに…

初のトクホ取消!日本サプリメント「ペプチドシリーズ」など6商品

消費者庁は、日本サプリメントが販売する特定保健用食品のサプリメント「ペプチドシリーズ」「豆鼓シリーズ」の6商品について、関与成分の含有量が、表示通りに含まれていないことを知りながら、2年以上も報告を怠っていたことについて、悪質性が高いと判断し、トクホの表示許可の取り消しに踏み切りました。

日本人の受動喫煙による肺がんリスク1.28倍!「たばこ白書」に反映へ

日本人の受動喫煙による肺がんリスクについては、これまでの研究では統計学的に明確な影響があるとは言い切れませんでしが、今回、国立がん研究センターを中心とする研究斑により、受動喫煙のある人の肺がんリスクは1.28倍高いことが初めて証明されました。

老化細胞を除去して”肺の若返り”に成功!COPDの根治に期待

今回、国立長寿医療研究センターなどの研究チームは、加齢により増殖する能力を失ってしまった肺の老化細胞を取り除くことで、肺を”若返らせる”ことが可能であることをマウス実験で確認しました。COPDの根本的治療法の確立に繋がると期待されています。

このページの先頭へ