「iPS細胞」の記事一覧

ナノファイバーとiPS細胞で実際の心臓に近い立体的な心筋組織の作製に成功

ヒトiPS細胞から作製した心筋細胞を、手術用の縫合糸に使用されている微細繊維(ナノファイバー)と一緒に培養することで、実際の心臓により近い立体的な心筋組織を作ることに世界で初めて成功。

この心筋組織をシート状に加工して心筋梗塞のラットに移植したところ、心臓機能の改善を確認。さらに4週間後にはナノファイバーが消失し、心筋シートが心臓と一体化していたという…

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行抑制物質を患者iPS細胞で特定!白血病の治療薬が有効

難病、“筋萎縮性側索硬化症(ALS)”について、京都大iPS細胞研究所の研究チームは、患者の皮膚から作製したiPS細胞を使って、ALSに対する新しい治療薬の開発に繋がる有力な候補物質を特定。既存の白血病治療薬に病気の進行を抑制する効果があることをマウス実験で確認しました。

ヒトiPS細胞から作製した膵島をサルに移植し、血糖値低下を確認

膵臓の中にあって、血糖値を下げるインスリンを分泌する細胞の塊「膵島」を、ヒトiPS細胞から作製し、これを糖尿病を発症したサルに移植したところ、血糖値を下げることに成功しました。

iPS細胞ストック充実のため東京都内でも採血開始!22年度までに日本人の大半カバー目指す

移植しても拒絶反応が起きにくい特殊な白血球の型を持つ人から血液の提供を受け、それからiPS細胞を作製し、品質の良いものを備蓄する「iPS細胞ストック事業」を進めてきた京都大学iPS細胞研究所は、事業の充実を図るため、この8月より新たに東京都内でも採血を開始することになりました。

歯が少なく、入れ歯が苦手な高齢者は引きこもりリスク倍増

東北大の研究チームによる調査で、19本以下しか歯が残っていないにもかかわらず、入れ歯を使わない65~74歳の高齢者は、歯が20本以上残っている高齢者に比べて、週に1回も外出しない「引きこもり」になるリスクが約1.8倍に高まることがわかりました。

透析患者の大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療の治験開始

人工透析患者の主要な死因の一つである心臓病「大動脈弁狭窄症」を、カテーテルを使って治療する臨床試験が、大阪大病院により、この9月にも開始されることになりました。治験でカテーテル治療の効果と安全性を確認し、数年以内の保険適用を目指しています。

日本睡眠学会が被災者におくる睡眠確保のための3つの対応策

日本睡眠学会は、慣れない避難所での睡眠を確保するための3つのポイントを提唱した、被災地における睡眠問題への対応に関する情報を公表しました。これは、5年前の東日本大震災時に公表していた情報を再掲載したものです。

みかんで糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を予防!βクリプトキサンチンの効果

糖分が多いため糖尿病に良くない、中性脂肪を増やす原因になる…などと思われがちな果物ですが、今回、日本人にとって馴染みの深い”みかん”に糖尿病や脂質異常症、非アルコール性肝機能異常症などの生活習慣病を予防する効果が確認されました。

ヒトiPS細胞から花粉症の原因となる肥満細胞の作製に成功

花粉症の原因となっている「肥満細胞」を、ヒトiPS細胞から作製することに成功しました。実際に肥満細胞にくっついた抗体を刺激することで、ヒスタミンなどの化学物質の放出も確認できるなど、より実際の肥満細胞に近いものができたようです。

笑わない高齢者は脳卒中リスク1.6倍、心疾患リスク1.2倍

日本の高齢者約2万人を対象とした調査の結果、「ほぼ毎日」笑う人を基準とした場合、「ほとんど笑わない」人が脳卒中を発症した割合は1.6倍に、心疾患の発症リスクも1.2倍に達していることが判明。高齢者にとって笑うことは、脳卒中や心疾患の発症を抑えるのに有効である可能性が示されました。

このページの先頭へ