「睡眠障害」の記事一覧

睡眠障害「ナルコプレシー」の症状を抑制する物質の開発に成功

ナルコプレシーは日中の耐えがたい眠気や脱力発作などに襲われる睡眠障害です。今回、筑波大の研究チームにより、このナルコプレシーの症状を抑制するオレキシン様の化学物質が開発され、実際にマウス実験で、覚醒時間の延長や脱力発作の抑制、体重増加の抑制などの効果が確認されました。

睡眠時無呼吸で夜間血圧が200mgHg以上に!危険なタイプの高血圧を確認

オムロン社などの研究グループは、睡眠時無呼吸を検知すると血圧測定を開始する研究用試作機を使って、たとえ夜間血圧の平均値が正常であっても、睡眠時無呼吸症候群が発生した時の血圧が200mgHg以上に上昇する危険なタイプの高血圧が存在することなどを確認しました。

依存性を抑えた新型睡眠薬「ベルソムラ」 11月下旬にも発売

これまで依存性が問題となっていた既存の睡眠薬とは作用が異なり、依存性を大きく抑えた新しいタイプの睡眠薬「スボレキサント(商品名 ベルソムラ)」が、世界に先がけて日本で発売されることになりました。

このページの先頭へ