人生における目的意識が高い高齢者ほど脳梗塞リスクが低下

いくつになっても自分なりの目標を持ってポジティブに生きることは、精神面のみならず身体面の健康をも左右する重要な要因として、昨今注目を集めつつあるようです。

実際、こうした目的意識の高い高齢者が、死亡や身体機能低下、アルツハイマー病、脳卒中などのリスクが低いことは報告されていましたが、脳梗塞の実際の病理と目的意識との関連については、これまで明らかにされていませんでした。

目的意識の高さと脳梗塞発症との関連性を病理データで検証

今回、アメリカの研究チームにより、ある大規模な調査研究に参加した平均80歳超の高齢者のうち、”人生における目的意識”を評価したデータと死亡後の脳の病理解剖データがある453例を対象に、生前の目的意識の高さと脳梗塞の発症状況との関連性についての検証が行われました。

その結果、生前に評価された”人生における目的意識”が高いほど、肉眼で確認できる梗塞数の減少が見られ、目的意識の評価スコアが1ユニット上昇するに従って、梗塞を1つ以上発症するリスクが約46%も低くなることが示されました。

ロジスティック回帰モデルを用いて人口学的要因で調整したところ,人生における目的意識が高まるほど肉眼で確認された梗塞数(以下,肉眼的梗塞数)が減少した。

例えば,人生における目的意識の評価スコアが1ユニット上昇すると,肉眼的梗塞数を1つ以上有するリスクが約46%低下した〔オッズ比(OR)0.535,95%CI 0.346~0.826,P=0.005〕。

この調査研究は、認知症を発症していない高齢者を対象に、5年以上もの長期間に渡る追跡調査の結果出された信頼しうる研究成果です。

しかしその一方で、対象者が平均80歳超と一般人口と比べて高齢であり、また、教育レベルが相対的に高い層を対象としたものである点を考慮すると、今回の結果を一般化することはできないとの指摘もあるようです。

目的意識を高めることで一石二鳥の恩恵

とは言え、充実した人生をまっとうするためにも、常に”人生によける目的意識”を高める努力を欠かさないことは重要ですし、それにより脳梗塞の発症リスクも低下させる可能性があるのであれば、まさに一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 脳卒中

このページの先頭へ