沖縄の健康果実シークヮーサーに新たに肝機能改善効果を確認

沖縄特産の健康果実として知られているシークヮーサー。柑橘類の一種で、本場沖縄ではレモンの代わりに飲み物や料理などに広く使用されています。

今回、そんなシークヮーサーの果汁に肝機能改善効果がある可能性が新たに明らかになりました。

この報告は、北海道科学技術総合振興センター、国立研究開発法人・産業技術総合研究所などの研究チームによるものです。

これまでの研究でも、シークヮーサー果汁に豊富に含まれているフラボノイドの一種” ノビレチン ”には、がん抑制効果が期待されている他、脂肪燃焼効果や血糖値低下効果なども確認されており、健康食品などとしても広く利用されていました。

試験では人間が持つ18種類の受容体にシークヮーサーの抽出液をかけたところ、肝臓内でアルコールなどの成分を解毒する能力を持つ受容体が活性化することが確認された。

このことはシークヮーサーの果汁に、肝臓内の解毒作用を増強する効果があることを示していると考えることができます。

また、今回の研究のポイントは、シークヮーサーの果汁に” 肝機能改善効果 ”が新たに確認されたことだけではありません。

従来より示されてきた、シークヮーサー果汁が脂肪燃焼や血糖値の低下、血圧低下をもたらす仕組みを、実際のヒトの細胞を使って初めて解明した点も重要だと言えます。

  1. シークヮーサー果汁に肝機能改善効果を新たに確認
  2. 従来より示されてきた脂肪燃焼や血糖値低下、血圧低下の仕組みを、実際の人間の細胞を使って初解明
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 肝臓の病気

このページの先頭へ