コエンザイムQ10で体の内側から加齢臭を抑制!資生堂が世界初確認

「コエンザイムQ10」は、食事から得られた栄養を効率良くエネルギーに変換する「潤滑油」の役割を果たすとともに、その強力な抗酸化作用によって免疫力を高め、老化を防止するアンチエイジング効果なども期待されている成分です。

現在では、様々なサプリメントや健康食品、化粧品などにも配合されている注目の成分ですが、今回、そんな「コエンザイムQ10」に加齢臭を抑える効果があることを、資生堂が世界で初めて突き止めました。

そもそも、コエンザイムQ10は、人間のあらゆる細胞に存在するミトコンドリアがエネルギーを作り出す際に必要な成分で、もともと人間の体の中でも作られるものです。

ところが、その作り出される量は、加齢とともに減少することが知られていましたが、同じく加齢と関連性の深い” 加齢臭 ”との関係性については、これまでの研究では明らかではありませんでした。

そこで今回、資生堂は 65~74歳の女性6人に対し、コエンザイムQ10を毎日100mgずつ4週間に渡って摂取させ、加齢臭の原因物質であるノネナールの濃度を計測したところ、次のような結果が得られました。

濃度は摂取前と比べて2~3割減少したという。コエンザイムは2種類に大別されるが、ともに効果が確認された。

これまで加齢臭を抑える対策としては、皮脂や汗を洗い流したり、制汗剤を使用することが中心でしたが、今回の研究成果により、コエンザイムQ10の摂取で、体の内側から加齢臭を抑制できる可能性が示されたと言えますね。

  1. コエンザイムQ10に加齢臭を抑える効果を確認
  2. 毎日100mgを4週間摂取で、加齢臭の原因物質が2~3割減少
  3. 体の内側からの加齢臭対策が可能になるかも
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ