光るインフルエンザウイルス”カラフル”の作製に成功!

新しい治療薬やワクチンを開発する際、体内でウイルスがどのように広がるかを調べるためには、これまでは動物をウイルスに感染させた上でその都度処分し、臓器を取り出してウイルスの広がり具合を観察する必要がありました。

今回、東京大学などの研究グループは、ある波長の光を当てると特定の色を発色する蛍光タンパク質の遺伝子を、インフルエンザウイルスに組み入れることによって、光るインフルエンザウイルスを作製することに成功しました。

実験動物を生かしたままで体内のウイルスを観察することが可能に

これにより、インフルエンザウイルスに感染した実験動物が、体内でウイルスがどれくらい広がっているのかを、生きたまま観察することが可能になったわけで、これは時間経過によるウイルス量の変化を追うことが可能になったことを意味します。

赤・黄・緑・青の4色に発色するため、”色とりどり”という意味の英語”colorful”と”インフルエンザ”をかけて「カラフル」と名付けられた、この光るインフルエンザウイルスは、新しいワクチンや治療薬の開発だけでなく、肺炎などに至る仕組みの解明にも期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : インフルエンザ

このページの先頭へ