大腸がん患者、オメガ3脂肪酸の積極摂取で死亡リスク41%減

青魚などに豊富に含まれているDHAやEPAに代表されるオメガ3脂肪酸には、動脈硬化や高血圧、心疾患などの生活習慣病の予防、改善効果をはじめ、その優れた抗炎症作用によりアレルギー症状の緩和など、様々な健康効果が期待されています。

もっとも、DHAやEPAと言えば、脳に重要な影響を与える栄養素として、これまで認知機能の維持や向上に大きな期待が寄せられていましたが、残念ながらこの点に関しては、近年それを否定する報告が相次いでいました。

ところが今回、このオメガ3脂肪酸の新しい可能性を示す最新の報告が寄せられました。

オメガ3脂肪酸の積極摂取で大腸がんによる死亡リスクを抑制

米国の17万人以上のデータを基に、大腸がんを発症した1,659人を対象とした研究の結果、オメガ3脂肪酸の摂取量が1日当たり 0.1g未満の患者に比べて、0.3gと積極的に摂取していた人は、死亡リスクが 41%も低かったことがわかったのです。

もちろん、今後さらなる検証が必要ではありますが、オメガ3脂肪酸の積極摂取により生存率を伸ばせる可能性があるのであれば、大腸がん患者はこれを利用しない手はありませんね。

また、大腸がん患者以外の人も、オメガ3脂肪酸には前述のように、各種の生活習慣病の予防・改善効果など、様々な健康効果が期待できますので、積極的に摂取していきたいものです。

このオメガ3脂肪酸は、サバやイワシ、マグロ、サンマ、サケなどの青魚や、亜麻仁油、エゴマ油、しそ油などの植物油に豊富に含まれています。是非、毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ