CT検査で必要以上の被爆線量の可能性!施設により10倍差も

一般に”CT”と呼ばれるコンピューター断層撮影は、エックス線を使って検査対象者の身体の断面画像(輪切りなど)を撮影することができ、臨床の現場ではごく一般的に用いられている検査技術です。

その原理は、検査対象者にエックス線を照射し、体内に吸収されずに通過したエックス線量の差をデータ化し、コンピュータ処理することで身体の内部を画像化するというものです。

その際、体に対して様々な角度からエックス線を照射するために、一方向だけからのレントゲン撮影に比べると、当然にして被爆線量が高くなってしまいます。一説によると、CTによる被曝量は、様々な医療検査による被曝量全体の4割前後を占めるとも言われています。

一部の施設で患者が必要以上に被爆している可能性

今回、日本診療放射線技師会の調査の結果、このコンピュータ断層撮影によって患者が被爆するエックス線の量が、たとえ同じ部位の検査であっても医療施設によっては10倍以上もの差があるという驚くべき実態が明らかになりました。

その結果、患者が被曝するX線量を示すCT線量指標(単位はミリ・グレイ)が、成人の頭部で12~150、胸部で1・6~128、腹部・骨盤で0・9~40と、同じ部位の検査でも施設間で十数倍から数十倍の差があった。

高い線量設定のまま検査か

エックス線の照射線量は、通常は装置メーカーの推奨値を基に各施設で決められているのだとか。検査によっては、より高画質となる高い線量が必要な特殊な検査もあれば、そこまで詳細な画像など必要のない検査もあります。

本来であれば、検査内容の必要に応じて、エックス線の照射線量を個別に設定し直す必要があるのですが、高い線量に設定したまま見直していない施設が少なくないからとの見方がされています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 医療機器

このページの先頭へ