”酒は百薬の長”に疑問!アルコールは控えるほど健康的に

古くから”酒は百薬の長”という言葉もあるように、過度の飲酒は様々な健康被害をもたらす一方で、適量の飲酒はむしろ健康に良いとする考え方が一般的でした。

長く信じられてきたこの定説に、大いなる疑問を投げかける研究成果が今回、イギリスで発表されました。つまり、アルコールの摂取量を控えれば控えるほど、心臓病のリスクを軽減し、体重の減少や高血圧の抑制にもつながる可能性が示されたのです。

アルコールの分解に関わる遺伝子に注目

研究チームが注目したのは、ADH1Bと呼ばれる遺伝子です。これまでの研究では、この遺伝子の変異により、アルコールがより早く分解され、依存症リスクが軽減されるとされてきました。

その観点から今回、総計すると26万人以上もの欧州系の人々が対象となる、これまでに発表された飲酒習慣と健康に関する研究論文50本を精査したところ、次のような結果が得られました。

今回の研究では、ADH1Bの変異を持つ人は持たない人に比べて1週間あたりのアルコール摂取量が17%少なく、深酒についても78%の確率でしないとの結果が示された。さらに冠状動脈性心臓病リスクは10%低く、血圧の最高値および肥満の可能性も低かった。

研究チームはこの結果をもって、アルコール摂取量が普段から少ない人でも、それをさらに減らすことで、冠状動脈性心臓病のリスクを軽減し、さらに肥満や高血圧の抑制にも繋がる可能性があると結論付けました。

但し、同研究がこれまでの定説に挑んだという意味で興味深いと評価しながらも、議論し尽くされていない点があるとして、慎重に判断すべきだとの指摘も少なくないようです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ