難治性スキルス胃がんの増殖や転移を促すタンパク質を特定

スキルス胃がんについて

多くの胃がんは、胃の表面の粘膜上に発生するため、内視鏡検査などによって発見できる可能性が高く、早期に発見し、早期に適切な治療を開始することで、その後の生存率も高くなります。

ところが、胃がんの中でも「スキルス胃がん」と呼ばれるものは、胃の表面ではなく、粘膜の下に隠れるように広がるため、早期発見が難しい上、がんの進行が非常に早く、転移もしやすいというやっかいな性質を有してます。

年間1万人以上が、このスキルス胃がんを発症しているとされ、5年生存率は1割未満と死亡率も非常に高くなっています。

スキルス胃がんの難治性を高めるタンパク質を特定

今回、そんな発見が難しく、治りにくいがんとして知られている「スキルス胃がん」について、大阪市立大の八代正和准教授らの研究チームは、症状が進む原因となるタンパク質を特定し、スキルス胃がんの治療を難しくしているメカニズムを世界で初めて解明しました。

研究チームは、スキルス胃がん細胞をマウスの胃に移植して観察した結果、スキルス胃がん細胞が作り出す「CXCL1」と呼ばれるタンパク質によって、血液中の正常な骨髄細胞が、がん細胞の周囲に引き寄せられ、別の細胞に変化することが判明。

さらに、この別の細胞によって作られる物質が、スキルスがんを増殖させていることを突き止めたのです。

そこで、がん細胞が作り出すタンパク質「CXCL1」の働きを抑制する試薬をマウスに投与したところ、がん細胞の増殖や転移の速度が遅くなり、マウスの生存期間も延びることを確認できたのだとか。

膵臓がんなど他の難治がんにも同様のメカニズム

このタンパク質「CXCL1」は、マウスだけでなくヒトにも存在する物質であることがわかっており、しかも、このスキルス胃がんに見られるメカニズムは、膵臓がんなど他の難治がんにもあると見られています。

研究チームによると、今後は製薬会社などと連携し、できるだけ早く臨床研究に入ることを目指されているとのこと。今後のさらなる研究に期待しましょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : がん治療・がん研究全般

このページの先頭へ