若い頃から身長が2センチ以上低くなった高齢者は転倒リスク2倍

20~30歳代に比べて身長が2センチ以上縮んだ高齢者は、身長の低下が2センチ未満だった人に比べると、転倒するリスクが2倍高くなるとの調査結果が、埼玉医大などの研究チームによりまとめられました。

研究チームは、要介護状態になっていない埼玉県内の60~70歳代の男女約460人を対象にした調査を実施、回答が得られた約380人について分析した結果は次の通りです。

20~30歳代より身長が2センチ以上低下していた約150人では、20%が転倒を経験していた。一方、低下が2センチ未満だった人の転倒経験は10%で、発生率に2倍の差があった。

さらに、身長が2センチ以上低下した人は、転倒リスクだけでなく、片足立ち時間が平均で20秒近く短いなど、体力テストの結果でも顕著な差がみられたようです。

身長が低下する要因としては、背骨と背骨の間にあってクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)の厚みが、加齢による水分量の減少やすり減りによって薄くなること、筋力の低下やそれによる姿勢の悪化、さらには骨粗しょう症による背骨の圧迫骨折などが挙げられます。

特に、骨粗しょう症リスクが高まる中高年女性は要注意で、2014年には40歳代に比べて身長が2センチ以上縮んだ女性は、要介護リスクが2倍高くなるとの厚生労働省の調査結果も報告されていました。

特に高齢者の場合、転倒による骨折をキッカケに寝たきりになってしまうケースが少なくなくありません。

今回の研究成果により、若い頃に比べて2センチ以上身長が縮んでいる高齢者は、そうでない人よりも転倒リスクが倍増している可能性があることを、まずは自覚することが大切だと思われます。

その上で、栄養バランスの良い食事を心がけ、無理のない運動や体操などを日常生活に積極的に取り入れることで、筋力や骨量の維持を図り、転倒リスクを引き下げることも可能です。

つまり、2センチ以上の身長の低下 ”は、ご自身の転倒リスクを簡単に把握することができる目安でもあるわけです。これを利用しない手はありません。

  1. 若い頃から比べて身長が2センチ以上低くなった高齢者は、転倒するリスクが2倍に
  2. 心当たりのある人は、転倒リスクが倍増していることを自覚して、筋力や骨量の維持を図りましょう
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : トピックス

このページの先頭へ