認知症の大規模調査が年内にもスタート!1万人を10年間追跡

認知症は糖尿病や高血圧などの生活習慣病の他、日々の運動習慣や喫煙などの様々な生活習慣がその発症に関連していると考えられています。

そこで認知症発症のメカニズムや予防法を探り、高齢者の健康増進を図ることを目的として、65歳以上の男女1万人を対象に、10年間の長期に渡る追跡調査が計画されていることがわかりました。

この調査を計画しているのは、認知症に関する調査を長年手がけてきた九州大を中心に、金沢大、慶応大、弘前大、岩手医科大、鳥取大、愛媛大、熊本大の全国8大学です。

調査に参加する自治体が各大学と連携して被験者を選び、以後10年間に渡って定期的に血液検査や健康診断を実施し、認知機能や運動機能の推移を確認。さらに自宅訪問などを通じて食生活や生活習慣との関連が調べられます。

認知症に関するこれだけの規模の全国調査は、日本においてはこれまでになく、日本人の遺伝的背景に合った予防法の確立に期待されています。早ければ2016年内にも国からの認可を得た上で、調査の開始を目指しているとのことです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 認知症・アルツハイマー病

このページの先頭へ