糖尿病予備軍に電話で予防のアドバイス…発症率が4割抑制

基準値より血糖値が高かったり、肥満だったりして糖尿病を発症する危険性が高い人は、「糖尿病予備軍」あるいは「境界型糖尿病」と呼ばれています。これに属する人は、全国に1100万人に上るとも言われ、約4~6%は毎年、糖尿病へと悪化するとされています。

一旦、糖尿病へと進んでしまうと、治療もやっかいになってしまうのですが、この糖尿病予備軍の段階だと、適度な運動や食生活の改善による減量で、糖尿病へ移行するのをある程度防げることがわかっていました。

今回、この糖尿病予備軍に属する人に、保健師らが電話で予防のアドバイスを親身になって続けることで、糖尿病の発症率が4割も下がったとする研究成果が発表されました。

この報告は、国立病院機構京都医療センターなどの研究チームによるもので、2007年から全国の糖尿病予備軍約2600人を対象に、保健師らから定期的に電話で予防のアドバイスを受けるグループと、そのようなアドバイスは無しに、自主的に運動などの予防策を実施するグループに分けて約5年間に渡って追跡調査したものです。

その具体的な調査結果は次の通り。

その結果、1年間に10回電話を受けたグループの糖尿病の発症率は年平均1・6%で、体重は同2キロ減った。自主グループの発症率は同2・8%、体重は同0・9キロ減だった。

今回の調査において実施された保健師らのアドバイスは、電話を1回あたり15~20分間かけて、減量が順調でなければ励ましたり、長続きする運動法を一緒に考えたりと、親身なアドバイスを行った他、例えば野菜を1日に350g以上食べるなど、具体的な数値を示して食生活の改善を進めたのだとか。

研究チームは、適切で親身なアドバイスが、糖尿病予備軍に属する人の予防への意欲を高めた結果ではないかと分析しています。今後、高齢化がますます進むことを考えると、このような電話での予防支援は様々な意味で重要性を増すと思われます。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 糖尿病

このページの先頭へ