糖尿病患者の睡眠治療で糖尿病改善!糖尿病と睡眠障害の関連性明らかに

現在の日本では、成人の5人に1人は不眠症などの睡眠障害を抱えており、6人に1人は糖尿病かその予備軍であると言われています。

睡眠障害と糖尿病、一見すると何の関連もなさそうですが、実はその関連性は以前より指摘されており、”睡眠障害を抱える患者は糖尿病になりやすい”などの報告はこれまでにも寄せられていました。

とは言え、これまでの研究では、睡眠障害と糖尿病の詳しい関連性についてはよくわかっておらず、睡眠障害と糖尿病はそれぞれ個別に治療が行われていたのが実情のようです。

2型糖尿病と睡眠障害の関連性が明らかに

今回、大阪市立大の研究チームは、日本人の糖尿病の大半を占めるとされる2型糖尿病患者の多くが睡眠障害を併発していることに着目し、入院中の2型糖尿病患者63人を対象に、脳波計を使って睡眠の質を精密に分析したところ、次のような注目すべき結果が得られました。

2型糖尿病患者63人の睡眠の質を脳波計で測定したところ、血糖値が高いほど深い睡眠の時間が減少して朝の血圧上昇が高まり、血管障害のリスクが増えることが分かったという。 

つまり、2型糖尿病の病状の指標となる血糖値の数値が悪くなるほど、眠りが浅くなる傾向が見られ、不眠症などの睡眠障害になりやすいこと。さらに、睡眠障害に陥ると早朝に血圧が高まり、動脈硬化などの血管障害のリスクが高まることなどが確認されたようです。

同時に、糖尿病患者数人に対して睡眠障害の投薬治療を行ったところ、血糖値の数値の改善が見られ、睡眠障害治療によって糖尿病そのものが改善する可能性も明らかになりました。

今後は睡眠障害の治療も積極的に

これまで糖尿病の治療と言えば、インスリン注射など血糖値を下げることが中心でしたが、糖尿病と睡眠障害が密接に関連することを明らかにした今回の研究成果によって、今後は2型糖尿病患者に対して、睡眠障害の治療も積極的に行われるようになるかも知れません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 糖尿病

このページの先頭へ