脳内でドーパミンが働く仕組みを解明!精神・神経疾患の治療向上に期待

俗に「快楽ホルモン」と呼ばれているドーパミンは、脳内の中枢神経系の神経伝達物質で、気分を高揚させてやる気を引き出したり、脳を活性化させて集中力をアップさせるなどの効果があるとされています。

脳内における精神機能のネットワークが上手く働かない病気である統合失調症は、このドーパミンの過剰分泌が、逆に、うつ病やパーキンソン病は、ドーパミンの不足がその一因と考えられていますが、ドーパミンが機能する詳しいメカニズムについては、これまでよくわかっていませんでした。

今回、名古屋大の研究チームは、脳内でドーパミンが働く具体的な仕組みを分子レベルで解明することに成功しました。より具体的には、ドーパミンの放出が発端となって、脳内でリン酸化酵素「PKA」やタンパク質「Rap1」などが活性化され、神経細胞の興奮性を高めていることを突き止めたのです。

今回の研究成果によって、ドーパミンの機能不全を原因とする精神・神経疾患に対して、既存の治療薬が実際どの程度効果があるのかを正確に評価できるようになると同時に、より効果の高い新薬や治療法の開発に繋がる可能性があると期待されています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : その他の脳疾患

このページの先頭へ