遺伝的に”お酒が強い人”は痛風を発症するリスク2倍以上に

風が吹いただけでも痛む激痛に襲われることから、そう名付けられたと言われている「痛風」は、体内に尿酸が溜まり、それが結晶となって激しい関節炎を引き起こす病気です。

単に、血中の尿酸値が高めというだけの段階であれば、食事療法や生活習慣を見直すことで十分に対応が可能ですが、尿酸値が高いからといって、すぐさま身体に異変が起こるなどの自覚症状があるわけではありません。

しかし、尿酸値の高い人が、それに気付かずに長年に渡って放置してしまった場合、ある日突然に足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ上がり激痛が襲う痛風発作に見舞われることになります。

このような痛風発作を避けるためには、血清尿酸値の定期的な把握とコントロールが不可欠なわけですが、自分の痛風リスクが高いか否かがわかるだけでも、大いに参考になると言えるのではないでしょうか。

日本人男性2千人超の遺伝子を調査して判明

今回、防衛医大などの研究チームにより、遺伝的に” お酒が強い人 ”は、遺伝的に” お酒が弱い人 ”に比べると、痛風を発症するリスクが2倍以上も高いことがわかったのです。

お酒の強さを決める遺伝的な要因は、体内でアルコールを分解する酵素「ALDH2」を作る遺伝子にあるとされています。この遺伝子に変異があると、アルコールの分解酵素がうまく働かないため、お酒を多く飲むことができません。ちなみに、日本人の約4割は、この遺伝子に変異があるお酒に弱いタイプなのだとか。

そこで研究チームは、日本人男性の痛風患者 1,048人と痛風ではない 1,334人で、この遺伝子の変異を有無を調べました。その結果、遺伝子変異がない人(お酒が強い人)は、変異がある人(お酒が弱い人)と比べて、痛風を発症するリスクが 2.27倍も高いことがわかったわけです。

お酒に強い人は、当然飲酒量も多くなるわけで、これまでも飲酒が痛風の発症リスクを高める要因と考えられてきましたが、今回の研究成果は、そのことを改めて遺伝子的に裏付けた形ですね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 痛風

このページの先頭へ