牛乳を飲み過ぎる人は寿命が短く、骨折が増えていたことが判明

これまで牛乳は貴重なタンパク源として愛され、カルシウムも豊富に含まれていることから、”牛乳は健康的な飲み物”とのイメージが根強くありました。現在もなお、健康のため、カルシウム不足を補うためにも、1日○杯の牛乳を飲みましょう!との声を普通に耳にします。

しかし、近年になって様々な方面から”実は牛乳は体に悪いのでは?”との見解が寄せられるようになってきたことも事実であります。その科学的根拠についても様々であり、中には信じるに値しないような流言飛語が飛び交うことも…

スウェーデン人を対象とした大規模かつ長期的な調査の結果…

そんな中、スウェーデン人の女性 約6万1000人を対象として約20年間、男性 約4万5000人を対象として11年間に渡って実施された調査の結果、牛乳の摂取量の多い人は、少ない人と比べて寿命が短く、特に女性では骨折が増えていたことが判明しました。具体的な調査結果は次の通りです。

女性の10年間の死亡率は1000人当たり126人だったが、牛乳を1日3杯以上飲む人では同180人だった。
(中略)
女性が股関節部を骨折する割合は、牛乳摂取量が多い人で1000人中42人、平均で同35人、牛乳摂取量が少ない人で同31人だった。
(中略)
1日3杯以上の牛乳を飲む女性は、1日1杯未満の人と比べ、死亡率が90%高く、股関節部の骨折が60%多く、骨折全般では15%多かった。

via. “>http://www.afpbb.com/articles/-/3030268

その一方で、男性の場合は女性ほど顕著な差が見られず、10年間の死亡率に関してこそ、牛乳をたくさん飲む人と、そうでない人との差は、たくさん飲む人の方が若干高くなるとの結果が得られたものの、骨折に関しては、牛乳の摂取量による違いはほとんど見られなかったようです。

今回の調査結果は、多数の被験者を対象にした大規模、かつ長期間に渡る調査の結果という点で大変貴重なデータだと言えますが、スウェーデン人に限定した調査であること、さらに今回の調査研究で示された牛乳の摂取量と死亡率・骨折頻度との関連性については、偶然の可能性も排除できないとの意見もあるようです。今後も、さらなる研究に注目していく必要があるようですね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 食生活

このページの先頭へ