救急時にスマホで的確な判断を!アプリ「Q助」消防庁が公開

救急時に直面する疑問や問題をスマホで解決

突然の病気や怪我に見舞われた時、一刻を争って救急車を呼ぶべきなのかどうか?また、たとえそこまで深刻な状態ではなくても、時間的な余裕はどの程度あるのか?その際は、何科を受診すれば良いのか?診てもらえる近隣の医療機関は?そこまでの足の確保をどうしよう…

これらの判断を瞬時に下さなければなりません。そんな救急時に直面する疑問や問題を解決するため、今回、総務省消防庁が全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」を公開しました。

消防庁のホームページからパソコンで利用できるだけでなく、スマホ版アプリも用意されており、アップストア(App Store)とグーグルプレイ(Google Play)からダウンロードすることができます。

「Q助(Web版)」へのアクセスと、スマホ版アプリのダウンロードリンク

全国版救急受診ガイド「Q助」 Web版

スマホ版アプリ ダウンロード
App Store
Google Play

「Q助(きゅーすけ)」の使い方と特徴

「Q助」はあくまで緊急時を想定して設計されているので、使い方は直感的で簡単ですし、もちろん使用の際に個人情報などの登録は一切必要ありません

パソコンで上記のURLにアクセスするか、スマホアプリを起動して、表示される病気や怪我、ヘビに噛まれたり毒虫に刺された場合などによる具体的な諸症状のうち、当てはまるものを次々と選んでいくだけです。

最終的に、緊急性によって色分けされた、次の4種類の診断が下されます。

  • 赤:「今すぐ救急車を呼びましょう」
  • 黄:「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」
  • 緑:「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」
  • 白:「引き続き、注意して様子をみてください」

緊急時には表示される内容をオペレーターに読み上げるだけ

今すぐ救急車を呼ぶべき場合には、スマホ版であればタップするだけで119番通報ができるボタンが表示され、その下には通報時にオペレーターに伝えるべき内容が大きな文字で表示されているので、それを読み上げるだけでも最低限の対応ができるようになっています。

受診までの時間的余裕もわかります

また、医療機関へ受診すべきとの診断が下される場合には、例えば「2時間をめやすに病院に行ったほうが良い」とか、「夜間の場合は翌日の診察でもかまわない」などと細かい助言が表示されるだけでなく、何科を受診すれば良いのか、診察の際に医師に伝えるべき内容などの情報が示されます。

最寄りの医療機関の検索や足の確保も

さらにその下には、希望する地域の医療機関の検索(厚生労働省が提供する「医療機関ネット」へのリンクボタン)や、医療機関までの足がない人のための「全国タクシーガイド」へのリンクボタンも表示されるようになっています。

「いざ!」と言う時に、わざわざパソコンを立ち上げてホームページを開く…ってことは、現実的にはなかなか難しいと思われますが、スマホのアプリであればすぐに利用でき、必要であればそのまま119番通報もできるので、そのメリットは大きいと言えますね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加

category : 救急医療

このページの先頭へ